履歴書の書き方

  1. トップページ > 
  2. 履歴書の書き方

履歴書の書き方

Resume

番号と下記の説明を照らし合わせながら、ひとつひとつ丁寧に記入していきましょう。

履歴書の書き方1
  • 提出日か、前日の日付を記入します。面接に持っていく場合は当日の日付を記入します。履歴書全体で西暦か元号(平成・昭和など)表記かを統一しましょう。
  • ふりがなも忘れずに。「ふりがな」と表記されている場合はひらがなで、「カタカナ」と表記されている場合はカタカナで記入します。
  • 写真の裏に氏名を記入します。履歴書の記入を書き損じる場合もあるので、写真は最後に貼るほうが良いでしょう。
  • 住所は都道府県からきちんと記入します。郵便番号、マンション名、ふりがななども忘れずに記入しましょう。
  • アルバイトは職歴に含みません。会社名は略さず正式名称を、また入社後の配属先と簡単な業務内容を記入しましょう。
履歴書の書き方2
  • 免許・資格は正式名称を記入します。履歴書全体で西暦か元号(平成・昭和など)表記かを統一しましょう。
  • 趣味や特技から話が弾むこともありますので、単に興味があるものでも記入しましょう。活動状況やその中での役割なども記入しましょう。
  • 「貴社の将来性」などというありきたりの言葉ではなく、短文であってもその企業ならではの事業内容に 光を当てて、具体的に自分の言葉で記入しましょう。
  • 競合他社ではなく応募企業だからこそ入社したい意欲が感じられる内容、若しくは将来のキャリアビジョンが具体的かつ応募企業で達成できる内容を自分の言葉で記入しましょう。
  • 複数職種を募集している企業の場合、希望職種を記入します。また、待遇面などについては原則、「貴社の規定に従います。」と記入しましょう。